有限会社つどい
 メニュー
デイサービス電話 0197-61-2101電話 0197-61-2101
デイサービスからのお知らせ
  • デイサービス入口
    その方に合った効果的な運動が出来るよう、お手伝いいたします。
  • 栄養バランスに配慮して、手作りの食事やおやつを作っています!
    レクリエーションを通して、新しい仲間やお友達ができます!
  • 運動訓練
    運動訓練室
  • 一人での入浴が不安な方も安心してお風呂に入れます。
    一般浴槽
一日の流れ
9:00から9:30 つどいに到着
健康チェック
水分補給
10:00 つどい体操
10:10 機能向上訓練
入浴
12:00 昼食
13:00 入浴
選択活動
15:00 レクリエーション・ゲーム・運動・脳トレーニングなど
15:30 おやつ
15:45
16:30 つどいよりご帰宅
ご利用時持ってきていただくもの
内服薬(お昼に飲む分)
歯ブラシ
着替え(入浴ありの方)
杖などの歩行補助道具(使う方のみ)
衛生用品(オムツ、尿とりパットなどを使う方のみ)
汗拭きタオル
その他普段使っていてデイサービスでも使用したいものがあればご相談ください。
デイサービス体験利用
つどいでは、一日体験(9:30から16:30)が利用できます。
    ○利用するにあたっての留意事項
  • ・送迎時間の連絡
    体験日前日夕方5時までに、お電話いたします。
  • ・サービスの中止・変更
    前日夕方5時までに、ご連絡ください。
  • ・食事のキャンセル
    前日夕方5時までに、ご連絡ください。ご連絡がない場合、キャンセル料をいただきます。
  • ・設備・器具の利用
    利用者は設備・器具の利用にあたっては本来の用法に従い使用することとし、これに反する使用により事業者に損害が生じた場合には、賠償するものとします。事業者は、利用者の過失により、利用者の身体等に被った損害に対しては賠償を免じるものとします。
  • ・損害賠償について
    事業者は居宅介護サービスの実施にあたって利用者の生命・身体・財産に損害を与えた場合には、その損害を賠償します。ただし、利用者側の責めに帰すべき理由による場合には、この限りではありません。
  • ・訓練機能について
    訓練機能指導員による機能訓練を行います。
◆ご提供するサービスの利用料、利用者負担額(介護保険を適用する場合)について
利用者負担額は、原則として介護負担割合証に応じた基本利用料の1割または2割の金額になります。
(2018年7月現在)
基本単位 (単位:円)
サービス提供時間 5時間以上
6時間未満
6時間以上
7時間未満
7時間以上
8時間未満
  利用料
(1日当り)
利用者
負担額
(1日当り)
利用料
(1日当り)
利用者
負担額
(1日当り)
利用料
(1日当り)
利用者
負担額
(1日当り)
    1割 2割   1割 2割   1割 2割
介護度1 5,580 558 1,116 5,720 572 1,144 6,450 645 1,290
介護度2 6,600 660 1,320 6,760 676 1,352 7,610 761 1,522
介護度3 7,610 761 1,522 7,800 780 1,560 8,830 883 1,766
介護度4 8,630 863 1,726 8,840 884 1,768 10,003 1,003 2,006
介護度5 9,640 964 1,928 9,880 988 1,976 11,240 1,124 2,248
(単位:円)
加算 利用料 算定回数等
介護制度による区分なし   1割 2割  
個別機能訓練加算(II) 560 56 112 個別機能訓練を実施した日数
入浴介助加算 500 50 100 入浴介助を実施した日数
サービス提供体制強化加算(I)口 120 12 24 サービス提供日数
中山間地域等に住居する者への
サービス提供加算
所定単位数の5%を加算 サービス提供日数
介護職員処遇改善加算(III) 所定単位数の2.3%を加算 サービス提供日数
中重度者ケア体制加算 450 45 90 サービス提供日数
減算 1割 2割
送迎を行わない場合 -47 -94
※ 本事業所は、介護従事者の専門性を確保しているもしくは(職員が定着している)事業所として「サービス提供体制加算」を受けています。そのため、介護保険給付について、一回あたり12単位加算され、事業者負担に関してもその分を反映することとされています。
【基本部分:介護予防通所介護サービス】
利用者の
要介護度
基本利用料 利用者負担
(1割)
利用者負担
(2割)
事業対象者
要支援1
16,470(1月につき) 1,647 3,294
事業対象者
要支援2
*週2回程度
33,770(1月につき) 3,377 6,754
【加算:介護予防通所介護サービス】
上記の基本部分に以下の料金が加算されます。
加算の種類 加算の要件(概要) 加算額
基本利用料 利用者負担
(1割)
利用者負担
(2割)
運動器機能向上加算 運動器の機能向上を目的として個別的に実施される機活機能のを行った場合 2,250 225 450
事業所評価加算   1,200 120 240
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算 通常の事業の実施地域を越えて介護予防通所介護を行った場合 所定単位数の5% 左記の1割 左記の2割
介護職員処遇改善加算(Ⅲ)   所定単位数の2,3% 左記の1割 左記の2割
サービス提供体制加算(Ⅰ)ロ 介護従事者の専門性を確保、もしくは職員が定着している事業所 要支援1 480 48 96
要支援2 960 96 194
事業所の職員体制
職と業務内容
    ○利用するにあたっての留意事項
  • 管理者

    1.従業者の管理及び利用申込みに係る調整、業務の実施状況の把握その他の管理を一元的に行います。

    2.従業者に、法令等の規定を厳守させるため必要な指揮命令を行います。

    3.利用者へ通所介護計画を交付します。

  • 生活相談員
    1.それぞれの利用者について、指定通所介護計画に従ったサービスの実施状況及び目標の達成状況の記録を行います。
  • 看護師・准看護師
    (看護職員)

    1.サービス提供の前後及び提供中の利用者の心身の状況等の把握を行います。

    2.利用者の静養のための必要な措置を行います。

    3.利用者の病状が急変した場合等に、利用者の主治医等の支持を受けて、必要な看護を行います。

  • 介護職員
    1.利用者がその有する能力に応じた自立した日常生活を営むことができるよう、生活指導及び入浴、排せつ、食事等の介護を適切に行います。
  • 運転手
    1.利用者の送迎を行います。
  • マッサージ師
    1.マッサージによる体のケアを行います。
当施設では、介護予防運動に力を入れております。
素敵な仲間と楽しく運動して、一緒に元気になりましょう!!
ページトップへ▲